生きるより栄えよ

大切な言葉

昨年から英語手帳というのを使っているのですが、
昨年の手帳は、同時通訳者の井上久美さんという方が監修され、
毎月、彼女のエッセイが掲載されていました。

井上さんは、乳がんを患い、昨年9月に亡くなられたのですが、
余命宣告されその覚悟をもってエッセイを書かれているので、
その文章がすごく心に響くのです。

昨年の1月のを載せてみます。長い引用ですが
是非、読んでみて下さい。

JANUARY-Not just survive but thrive! 生きるより栄えよ!

長女の友人に20代のお坊さんがいます。昭ちゃんはフリーのお坊さんで、指名されるとお葬式でも法事でも飛んでいってお経をあげます。声がよく通る、人気の「美坊主」です。

昭ちゃんは週に2回、四谷の坊主バー(VOWZ BAR)で働いています。坊主バーは、浄土真宗の僧侶が運営するバーとして2000年9月にオープンしました。他宗派の僧侶も在籍しており、宗派を問わず仏教に縁のあるスタッフと気軽に話をすることができます。一般の人たちとの対話の場を持ちたいという願いから生まれたそうです。

昭ちゃんも言っています。「法事などでさまざまな家庭を訪れると、みなさんかしこまってお経を聞いてくださるけれど、心を開いて語り合う機会がほとんどない。だから坊主バーで、色々な人たちの生の声や悩みを聞いて語りあいたい」

2014年5月に娘と末息子を連れて、坊主バーの扉をくぐりました。お香の香りが漂う、癒しの空間です。中に入ると、作務衣を着た現役僧侶数名が温かく迎えてくれました。狭い室内は、カウンターもテーブル席もお客さんでいっぱいです。部屋のコーナーにはお仏壇があります。上の階では座禅や瞑想会も行なわれるそうです。

僧侶のみなさんはバンドもやっていて、仏教に関係する詩やお経を現代風にアレンジして、みんなで楽しめるライヴを開催しているといいます。時にはキリスト教の神父さんたちとの混合ライブも開いているとか。宗教の垣根を越えて音楽でつながるなって、素敵です!

うわさを聞いて訪れる人も後を絶たず、人生に疲れた人、癒しを求めている人たちがたくさん集まってくるそうです。僧侶のみなさんは客の話に耳を傾け、ときには厳しく、ときにはやさしく対応します。中には酔った勢いで怒りをぶちまけ、僧侶にからんでくる人もいるそうです。僧侶のみなさんはそんなお客さんに対しても、平常心で対応します。するとみんなおとなしくなるそうです。仏教談義や法話も聞け、お寺へいかなくても気楽に僧侶と人生を語り合うことができる場となっています。

試練があるからこそ、チャンスに恵まれる

盲目の僧侶、浄土真宗大谷派僧侶の法話が毎晩行なわれています。

わたしたちが訪れた夜は、「お題をください」という僧侶の掛け声があり、すかさずテーブル席の女性が手を挙げました。「良かれと思ってやっていることが理解されず、辛い目にばかりあっている」という悩みでした。じっと最後まで彼女の悩みを聞いたあと、僧侶はたんたんと話し始めました。「人生は自分の思い通りにならないもの。思い通りになったら進歩しない。『邪魔』がはいるからこそ、『試練』がたちはだかるからこそ、人は良き変化を遂げるチャンスに恵まれるのだ」という主旨のお話しを、ゆっくりと、わかりやすく、心に響く言葉で語ってくださいました。お話をききながら、私たちの隣のテーブル席に座っていたビジネスマンは、何度も何度もうなずいていました。

帰りぎわ、法話に心打たれたことを伝えるために盲目の僧侶にはなしかけました。私も今、試練に「恵まれ」ており、「覚悟」を決めていることを話しました。すると、満面の笑顔で私の手を握ってくださいました。温かい大きな手のひらから、ぬくもりがしっかりと伝わってきました。

覚悟とは、悟りを覚えると書きます。困難や試練を予想して、受け止める心構えをすることです。迷いを脱し、神理を悟ることでもあります。

重い試練を抱えた人にとっても、生きることは、単にsurvive(生き延びる)ことではありません。生きている限り、thrive(栄える)ことです。命を謳歌することです。限られた寿命を慈しみ、活かされ、生かされることだと思います。いつか自分の時間が尽きることを「自覚」して、一瞬、一瞬を輝かせることでもあります。

VOWには、願(がん)という意味があります。新年を迎えるにあたり、幸せの願をかけましょう!

井上さんは、この手帳のエッセイを書かれるときには、もう自分の命は長くはないことを知っていたのだと思います。そのことを受け容れながら、残された時間を輝かせて生きることに一生懸命だった。自分のためではなく、他者のために生き、ひいてはそれが自分の魂の輝きになることを彼女は知っていたのではないかと思います。2014年の12月から2015年の12月までのエッセイひとつひとつに彼女の思いとメッセージが込められています。


 

タイトルとURLをコピーしました