A Year of Prayer

大切な言葉

 

自分の心のより深い層へと降りていくことは、よく祈るためだけでなく、自分自身を知るためにも役立つ。・・・私はだれか?今日はどんな気分だろうか?・・・私が今まで大切に思ってきたものは何だろうか?・・・私は何を本当に達成したいのか、何を獲得したいのか、何を避けたいのか?要するに自分の生活全体で何をしようとしているのか?本当にこれを望んでいるのか?こういった質問に答えてみることで、自分のことがよりよく分かってくる。

   ◆ジョン・パウエル「祈りの泉~365の言葉」より 
 
Going into deeper and deeper layers of self is a very helpful exercise in self-knowledge in addition to making for good prayer…Who am I? How do I feel today?…What has been important to me?…What did I really want to achieve, win, avoid? Overall, what am I doing with my life? Do I really want this? I find as I force myself to verbalize answers to questions like these, I am usually getting to know myself better.
 
JOHN POWELL  ”A Year of Prayer 365 Reflections for Spiritual Growth”  
 

 

自分自身を振返るということは、 
できそうで、できない
人の目は、内側につけられているわけではなく、
外に向けてつくられ、自分の外側ばかり見ているから、
尚のこと自省的には生きられない

自分の心を野放しにしていると、 他人(ひと)のことばかり、
目に付いて、批判してみたり、心で裁いてみたり。。

目を自分の心の内側にむけてみよう

祈りの泉-365のことば

タイトルとURLをコピーしました