譲り合う心

とある銀行のATMの前での今日の出来事。

車を反対車線のATM入り口の前に側付けした車の運転席から
少し足が不自由な老紳士が降りてきて
ゆっくりとATMの入り口へ。。

私の歩く速度だとほぼお見合い状態。。

何気なく
「私、振込みもするので時間が掛かりますから
お先にどうぞ。。」とお譲りしました。

その老紳士は、
「有難うございます。私は、足がこんなふうだから、
この間は、女性がスタスタやってきて私の前を
す~っと入って行ってしまった。。
人って色々ですね。」と言われました。

私の場合、たまたま今日はその老紳士に譲ることができたけれど、
知らずにスタスタ入ってしまったこともあったかもしれない。
もしかすると、スタスタ先に入ってしまった女性は、
私の以前の姿なのかもしれない。

今日は、一人の人に喜んで頂けたけど、
あらためて、これからは回りをゆっくり見渡して
状況判断せねばならないと思いました。

他人(ひと)が先!自分は後!

これを普段から自分の中に叩き込まねばと思っています。

 

 

タイトルとURLをコピーしました