◆発破と木霊◆

私の伯父:山本剛は、1990年9月彼の戦争体験を『凍原の思い出~私のシベリヤ体験記』という一冊の本に仕上げました。当時、平和な暮らしの中にあって、戦争の悲劇を再び起こさぬように申し伝えることこそ、自分の責務であると感じ、晩年貪るようにひたすら書き続けました。(挿絵も伯父が当時を偲んで描いたものです。)今は亡き伯父の思いを引き継ぎ、姪である私が顕して行きたいと思い公開しているものです。沢山の方々にこの体験記を読んで頂ければ幸いです。※今年は、以前この記事毎にコメントを下さった方とのやりとりを載せてみました。コメントを下さった「みーさん」は、ご家族と共に何年かロシアに滞在したご経験のある方です。私の伯父の日記の内容を膨らませ豊かにして下さり心から感謝して居ります。

◆第二章「ラーゲル生活あれこれ」~発破と木霊◆

 

  バム鉄道の建設は、シベリヤの過酷な自然条件の中で進められて行った。

今朝も氷点下三〇℃は超えていたと思う。いよいよ今日からは二人一組となって、岩山を切り崩して鉄道敷設の道路造りであった。

先づ山の麓に、爆発のためのダイナマイトを詰める穴を開ける仕事である。一人が長さ1・5メートルほどの切り刃のついた鋼鉄製のもので、六角形をした鉄棒を肩で支えていた。それを相手の一人がハンマーで打ち込むのである。鉄棒をその都度クルクルと廻して、穴の中の粉を先が耳掻き状になった棒で掻き出し、深さ五〇センチほどのものを二人で一日三本掘り上げるように、と監督からの指示であった。これが我々に与えられたノルマである。

この頃は私の体も大分弱っていて、歩行も日に日にだるさを増していていた。寒さのため身体も硬直してくるのを覚えた。破れた手袋から指が出て、鉄棒にくっつくので穴にシワをよせたり、いろいろ工夫をしたのである。鉄棒があまりにも冷たくて、指がちぎれるのではないかと思ったこともあった。

昼には、ロスケがスープを入れたビヤ樽を馬橇に付けて運んで来た。仲間の内、身体の弱い者が枯木を集めて焚火をしているので、皆そこに集まって暖をとった。実のないスープを一杯ずつ飲んで、あとは一時になるまでの休憩である。

やがて夕焼けを迎えるころになって発破係のロスケから、ダイナマイトを貰って穴に仕掛けるのである。しかし、充填する土がないため、焚火をしているところから(凍土がとけて軟らかくなっているため)土を運び、穴を塞ぐのであった。

帰りは重い足どりで、各自が一メートル位に切った薪を小脇に抱え、残照を浴びながら帰途につくのであった。例の遥か後方で爆音が響き渡り、アムール河を越えて木霊となって返ってきたのである。

 

《出典》「凍原の思い出~私のシベリア体験記」 山本 剛
タイトルとURLをコピーしました