病者の祈り

祈りの言葉

 

「病者の祈り」

大事をなそうとして力を与えてほしいと神に求めたのに
慎み深く従順であるようにと弱さを授かった
より偉大なことができるように健康を求めたのに
より良きことができるようにと病弱を与えられた
幸せになろうとして富を求めたのに
賢明であるようにと貧困を授かった
世の人びとの賞賛を得ようとして権力を求めたのに
神の前にひざまずくようにと弱さを授かった
人生を享楽しようとあらゆるものを求めたのに
あらゆることを喜べるようにといのちを授かった
求めたものはひとつとして与えられなかったが
願いはすべて聞かれた
神のみこころに添わぬ者であるにもかかわらず
心の中の言い表せない祈りはすべてかなえられた
わたしはあらゆる人の中で最も豊かに祝福されたのだ

(ニューヨークの物理療法リハビリテーション研究所の壁に刻まれている無名一患者の作)

 

A CREED FOR THOSE WHO HAVE SUFFERED

I asked God for strength, that I might achieve
I was made weak, that I might learn humbly to obey…
I asked for health, that I might do greater things
I was given infirmity, that I might do better things…
I asked for riches, that I might be happy
I was given poverty, that I might be wise…
I asked for power, that I might have the praise of men
I was given weakness, that I might feel the need of God…
I asked for all things, that I might enjoy life
I was given life, that I might enjoy all things…
I got nothing that I asked for — but everything I had hoped for
Almost despite myself, my unspoken prayers were answered.
I am among all men, most richly blessed!

Author unknown
This creed is hung on a wall at a waiting room of Institute of Rehabilitation Medicine,400 East 34th Street NYC.

 

この「病者の祈り」という詩を初めて読んだとき、
かなりの衝撃を受けました。

ニューヨークにある病院に
入院されていた患者さんの祈りということですが、
詩の内容から拝察すると、
人生の終末期に自分の人生を反省し
振り返ってみると神に赦され生かされていた
と気が付いた、という内容ではないでしょうか。

どんなに熱心な信仰者でも、
逆境におかれた時に
神に不信を抱いたりすることが
多々あるようです。

この患者さんは、若い頃、
多分自分の思いのままに生きてきたのでは
ないかと思いますが、病気になることで、
また新たに魂の再生の機会を得て
神さまのご意志に気づいたのではないかと
思います。

この患者さんのように、
自分にとって良いことがあっても
悪いことが起こっても、
最後には神さまの存在を感じて
感謝して受け止めて生きて行きたいものです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました