控えめで目立たず記憶に残らない

大切な言葉

 

The best portion of a good man’s life is his little, nameless unremembered acts of kindness and  of love.

——-William Wordsworth “Lyrical Ballads”————

 

ググルちゃん
ググルちゃん

善人の人生の最良の部分は、彼の小さな、名前のない、覚えていない優しさと愛の行為です。 (Google翻訳)

 

【意訳】善い人が一生涯に積む善行の中でも最善のものとは、控えめで目立たず記憶に残らないが実は優しさと愛に満ち溢れている、そういう行為だ。 

 

 ウィリアム・ワーズワースのこの言葉を読むと、イエス様の「人に親切にするときは、右手で何をしているか、左手でさえ気づかないくらいに、こっそりとしなさい–When you give to the needy, do not let your left hand know what your right hand is doing.」(マタイ6:3)という言葉を思い出します。この文言に象徴されるように、イエス様は隠れた善行を良しとされました。

人から賞賛されるために善行をするのではなく、誰に認められなくても小さなよいことをしたいものです。これ見よがしじゃダメだぁ~ね 😕 

 

タイトルとURLをコピーしました