◆恨みのナイフ◆

私の伯父:山本剛は、1990年9月彼の戦争体験を『凍原の思い出~私のシベリヤ体験記』という一冊の本に仕上げました。当時、平和な暮らしの中にあって、戦争の悲劇を再び起こさぬように申し伝えることこそ、自分の責務であると感じ、晩年貪るようにひたすら書き続けました。(挿絵も伯父が当時を偲んで描いたものです。)今は亡き伯父の思いを引き継ぎ、姪である私が顕して行きたいと思い公開しているものです。沢山の方々にこの体験記を読んで頂ければ幸いです。※今年は、以前この記事毎にコメントを下さった方とのやりとりを載せてみました。コメントを下さった「みーさん」は、ご家族と共に何年かロシアに滞在したご経験のある方です。私の伯父の日記の内容を膨らませ豊かにして下さり心から感謝して居ります。

◆第二章「ラーゲル生活あれこれ」~恨みのナイフ◆

 六〇三号に移って三、四ヵ月たったある日のこと。夏の伐採作業で、汗の臭いに群がる蚊の大軍にさんざん悩まされ、重い足どりで二キロの山道を帰ってくるのである。

そこでは毎日道具の返納があり、班長と道具小屋の係とが朝の貸出し機材を、ベニヤ板に書いてある数字と確認していた。

一方、我々アラボーチは五列縦隊となり、一人づつ監視兵の厳重な服装検査を受けるのであった。

ラーゲルこそ、ソ連では国際囚人市場であり、犯罪の種類も豊富であった。私の知る罪名もいろいろで、五十八項を列記するだけでも数多く、これから私がこの国際囚人連中と共に生きなければならないと思った時、つくづく安全で信用できるのは、自分だけだと思った。

それ故、凶器につながる物体の所持は特に厳しく取締られることは当然であった。ある時私は不覚にも、隣の隊列の若いロスケから、十二、三センチほどの「ノジク」〈ナイフ〉をそっと手渡されたのであった。私はとっさに安全な日本人に、衛門持ち込みを託したものと解釈した。そ知らぬ顔でパスしようとしたのが運のつきで、監視兵に発見されてしまったのである。私は直ちに列から引き出された。監視長の指示通り、バラックのはずれにある歩哨櫓の下の「カルチェル」〈留置所〉に監禁されたのである。その時、タタール人の番人が「ヤポンスキー、チョージェーライ」〈何をしたのだ〉と怪訝な顔をして私を見ながら、監視兵から引き取った。その日は夕食のパンもスープも当らなかった。

私は留置所の窓越しに入る残照を見ながら、バラックの夕食のざわめきを想像して班の奴等の仕打ちを恨んだ。それでも昼間の労働の疲れと、ひもじさもあってか、すっかり寝込んでしまった。留置所はバラックと違い南京虫も蚊もいないので、熟睡できたのはせめてもの幸であった。

朝になって収容所内も皆が仕事に出たのか、シーンと静まり返った頃、番人のタタール人が何かひとり言を言いながら、私を釈放してくれた。

私は昨日から何もたべていないので、ぶらぶらと収容所内の散歩(モク拾い)をしながら昼食を待った。しかしここの現場では昼食のスープの材料は各班ごとに一斗缶(鍋代り)、食器などを運び現場で炊事するため、私の分はついに当らなかった。

夕方皆が帰って来たとき、朝鮮人の若い金さん〈通称アンドレ〉からきかされた。彼はロシア語が達者な京城出身者で、大の日本びいきの青年であった。

彼が所長に私の事情を話して釈放を頼んでくれたらしかったが、これはラーゲルの「ザコン」〈規則〉であると所長に言われたこと、そして私の食事のパンを留置所に運ぶように頼んでくれたようだが、わたしには何一つ届かなかったのである。

私にとって長い長い一日であった。

「凍原の思い出~私のシベリア体験記」 山本 剛

 

みーさん
みーさん

ロシアにいた時は、おなか減ったなあ・・・よく思いました。寒いとおなかがすきます。寒いうえに重労働でパンももらえないとは・・。

mimicoco
mimicoco

空腹で重労働は きついですよね。身体が弱っているのに、丸一日食べられないなんて、考えられません。。

 
 
タイトルとURLをコピーしました