子どもについて

大切な言葉

『子どもについて』

赤ん坊を抱いたひとりの女が言った。
どうぞ子どもたちの話をして下さい。
それで彼は言った。
あなたがたの子どもたちは
あなたがたのものではない。

彼らは生命そのものの
あこがれの息子や娘である。
彼らはあなたがたを通して生まれてくるけれども
あなたがたから生じたものではない、
彼らはあなたがたと共にあるけれども
あなたがたの所有物ではない。

あなたがたは彼らに愛情を与えうるが、
あなたがたの考えを与えることはできない、
なぜなら彼らは自分自身の考えを持っているから。
あなたがたは彼らのからだを宿すことはできるが
彼らの魂を宿すことはできない、
なぜなら彼らの魂は明日の家に住んでおり、
あなたがたはその家を夢にさえ訪れられないから。
あなたがたは彼らのようになろうと努めうるが、
彼らに自分のようにならせようとしてはならない。
なぜなら生命はうしろへ退くことはなく
いつまでも昨日のところに
うろうろ ぐずぐず してはいないのだ。

あなたがたは弓のようなもの、
その弓からあなたがたの子どもたちは
生きた矢のように射られて 前へ放たれる。
射る者は永遠の道の上に的をみさだめて
力いっぱいあなたがたの身をしなわせ
その矢が速く遠くとび行くように力をつくす。
射る者の手によって
身をしなわせられるのをよろこびなさい。
射る者はとび行く矢を愛するのとおなじように
じっとしている弓をも愛しているのだから。

Your children are not your children.
They are the sons and daughters of Life’s longing for itself.
They come through you but not from you,
And though they are with you yet they belong not to you.

You may give them your love but not your thoughts,
For they have their own thoughts.
You may house their bodies but not their souls,
For their souls dwell in the house of tomorrow,
which you cannot visit, not even in your dreams.
You may strive to be like them,
but seek not to make them like you.
For life goes not backward nor tarries with yesterday.

You are the bows from which your children
as living arrows are sent forth.
The archer sees the mark upon the path of the infinite,
and He bends you with His might
that His arrows may go swift and far.
Let your bending in the archer’s hand be for gladness;
For even as He loves the arrow that flies,
so He loves also the bow that is stable.

 

今日は、ハリール・ジブラーンの『予言者』から
「子どもについて」という詩を紹介させて頂きました。
神谷美恵子さんの訳です。

自分の子どもたちは、
縁あって私たち両親のもとへ生まれてきてくれたのだと思いますが、
やっぱり自分の所有物ではない。。

夫婦の間でもそうですが。。
子どもたちとも毎日、顔を突き合わせていれば、
腹のたつことも大いにあります。

でもこの詩にあるように、
【射る者】である神さまに扱われ易い弓に親が、
【矢】である子どもが飛びやすいように
しなやかな心を親がもっていないとだめなのでしょうね。

神さまから授かった大切な命と思い、
大事に育てているつもりが、
いつの間にか私物化して(笑)
過保護・過干渉になってみたり
放任してみたり。。
子育ては、本当に難しいものですね。

子どもは何処から(神さま)贈られたのかということを
いつも意識していたいものだと思います。

タイトルとURLをコピーしました