◆冬の砂採り◆

私の伯父:山本剛は、1990年9月彼の戦争体験を『凍原の思い出~私のシベリヤ体験記』という一冊の本に仕上げました。当時、平和な暮らしの中にあって、戦争の悲劇を再び起こさぬように申し伝えることこそ、自分の責務であると感じ、晩年貪るようにひたすら書き続けました。(挿絵も伯父が当時を偲んで描いたものです。)今は亡き伯父の思いを引き継ぎ、姪である私が顕して行きたいと思い公開しているものです。沢山の方々にこの体験記を読んで頂ければ幸いです。※今年は、以前この記事毎にコメントを下さった方とのやりとりを載せてみました。コメントを下さった「みーさん」は、ご家族と共に何年かロシアに滞在したご経験のある方です。私の伯父の日記の内容を膨らませ豊かにして下さり心から感謝して居ります。

◆第二章「ラーゲル生活あれこれ」~冬の砂採り◆

一九四七年のこと。ソ連の労働は総てノルマ制である。体位検査もすでに終わり、作業はそれぞれ、重・中・軽の三段階に格付けされた。私は紛れもなくノルマの強い重クラスであった。

翌朝、我々は初めての労働に出勤することになった。先ず「ブルガジル」〈班長〉から、仕事の内容はとなりの六〇一号ラーゲルへ送るトンネル工事用の砂採集である、との説明があった。ロスケを始め全員で八つほどの班であった。夜もまだすっかり明けきらず、門灯が鈍く光っていた。門の外には大勢の監視兵と、犬を連れた兵隊が待機していた。

作業の内容は各班ごとに異なっていて、それぞれのグループに分散した。門から少し離れた所に道具小屋があった。我々日本人の班は二人一組で、畳一枚ほどの金網を張ったシート、それにツルハシ二丁、スコップ二丁が配給された。

シベリヤの積雪は思ったより少なく、三〇センチ位であった。道具を交代で運んだが、フェルトの靴が私にはあまりにも大きくて、二キロほど歩いているうちにビッショリと汗をかいてしまった。

やっとの思いでアムール河の支流の畔に着いた頃には、すっかり朝になっていた。その時、ふと故郷でヤマベ釣りをした事を懐かしく思い出した。

いよいよ作業開始となった。金網を立てて砂採りの準備を始めた。川の面はすっかりながれのとおりに結氷して、丁度山道のようになっていた。川原の雪をのけると、凍てついた玉石がゴロゴロと顔をだした。そんな状態なので仕事は思うように捗らなかった。夕方、ロスケの「デシャチニツク」〈監督〉が見廻りに来た時に、二人で掘り上げた砂の量はバケツに二つほどであった。これでは到底ノルマには達しないのである。しかし、帰ったらすぐ夕食となり、例の道灌汁にありつけるのだと思うと、それなりに心がいそがれたのであった。

 

《出典》「凍原の思い出~私のシベリア体験記」 山本 剛
タイトルとURLをコピーしました