◆ビタミンCの補給◆

私の伯父:山本剛は、1990年9月彼の戦争体験を『凍原の思い出~私のシベリヤ体験記』という一冊の本に仕上げました。当時、平和な暮らしの中にあって、戦争の悲劇を再び起こさぬように申し伝えることこそ、自分の責務であると感じ、晩年貪るようにひたすら書き続けました。(挿絵も伯父が当時を偲んで描いたものです。)今は亡き伯父の思いを引き継ぎ、姪である私が顕して行きたいと思い公開しているものです。沢山の方々にこの体験記を読んで頂ければ幸いです。※今年は、以前この記事毎にコメントを下さった方とのやりとりを載せてみました。コメントを下さった「みーさん」は、ご家族と共に何年かロシアに滞在したご経験のある方です。私の伯父の日記の内容を膨らませ豊かにして下さり心から感謝して居ります。

◆第二章「ラーゲル生活あれこれ」~ビタミンCの補給◆

 

 六〇一号収容所にいたときの事である。突然、私は深い眠りから起こされた。

薄暗いベットの間からN氏の顔が微かに見えた。今頃何だろうと思った。山本くん、キャベツがあるぞ、早く起きれと低い声で言った。食べる物があると聞いただけで、私の眠気はいっぺんに覚めた。すぐ身支度をして彼といっしょに部屋を出た。

ロスケの不寝番中央の大きなテーブルにうつ伏せになって、まさに白河夜舟であった。私たち二人は皆に気付かれないように、そっと外へ出た。何時頃だろう、辺りは真暗であった。彼が案内した所は、120メートルほど離れたところにある炊事場の裏であった。ロスケ達は「ザフトラカ」〈朝食〉の用意のため、明るい電灯の下で忙しく立ち働いていた。

裏にはキャベツの皮を山にして投げてあった。我々は、そばにあったビール樽の中の水で音を出さないように、そっと洗っていきなり何枚かをバリバリ、モクモクと齧りついたのであった。

私は夢中で四、五枚食べた。その時は全身の血が洗われたような気がした。今思うと、あの時の樽の水がどれほど汚れていたのかも知らず、ひと時の満腹感に浸った。その頃は野菜不足で口から血が出ていたのである。

バラックに戻った時、シーンと寝静まり鼾も聞こえてきた。皆さん、いい夢でも見ているのであろう。今夜の事はN氏と私だけが知っている秘密であった。

《出典》「凍原の思い出~私のシベリア体験記」 山本 剛
タイトルとURLをコピーしました